インターネットバンキングとは

インターネットを経由し、
銀行など金融機関のサービスを
ウェブ・ブラウザや専用ソフト、携帯電話などで利用することを
インターネットバンキング、もしくはオンラインバンキングといいます。

インターネットバンキングとネットバンクは
言葉が似ているので混同されがちですが、
インターネットバンキングはネット上で
各種取引ができる銀行サービスを指し、
ネットバンクは実店舗を持たずに、
全てインターネット上で取引を行う銀行のことを言います。

最近では携帯電話のインターネット接続機能を使って
ネットバンキングが利用できるという
モバイルバンキングサービスも広まりつつあるようですね。
本当に携帯電話の潜在的なパワーは計り知れません。

各金融機関によって、
ネットバンキングのサービスの内容は様々ですが、
基本として預金の残高照会、入出金照会、
口座振込み、そして振り替えなど、
ほとんどATMで対応しているサービスが利用可能です。

インターネットバンキングの利用はWebブラウザを使うものと、
専用のソフトウェアを使うものの2種類があります。
当然ながら専用のソフトを使った方が
情報セキュリティを高めやすく、
操作性も専用インターフェースで向上させることができます。

しかし、ソフトウェアを新たに導入するのは
ユーザーにとって負担に感じてしまうことが多く、
現在はWebブラウザを使って利用できる
ネットバンキングサービスが主流になってきています。

インターネットバンキングの利点は、
・在宅で利用ができる
・土日祝日や深夜早朝などでも利用できる
・実店舗利用に比べ手数料が割安である
などがあります。

私としては家で振込み手続きができることと
手数料が安いまたは無料であることが
一番の利点です。

各銀行のサービスも多様化しており、
この他の利点も多くあるインターネットバンキングですが、
フィッシング詐欺など、万が一、
金融犯罪の被害にあってしまった場合の保証が、
各銀行によってばらつきがあることを憶えておきましょう。

預金者保護の観点から、
金融庁もこの件に関して検討しているらしいですが、
口座を開設する際には、きちんとチェックしておいたほうがよさそうです。
というよりも、
必ず確認しましょうね。

当サイトではインターネットバンキングについて
様々な情報を発信していきますので、
どうぞご活用ください。