ネットバンキングの危険性

インターネットバンキングといえば
セキュリティ面での危険性が気になる人も多いでしょう。

最近のインターネットバンキングは、
セキュリティの面で力を入れているのは当たり前です。

人様のお金を預かる銀行なのですから、
当然といえばそれまでなのですが、
ファイヤーウォールを導入したり、SSL128bit暗号化通信を採用したりと、
通信面でのセキュリティ強化はもちろん、
銀行口座番号とログインのIDを別にしたり、
暗証番号やパスワードを2重、3重に設置したり、
ワンタイムパスワードを採用したりと、
利用者側からもわかりやすい、
そして少し面倒くさい対策がたくさんとられています。

しかし、それでも危険がたくさん潜んでいるのも残念ながら事実。
スパイウェアといって、ネットやメールを介して、
知らないうちにパソコンに進入して、
パソコンの情報や個人データを盗み出してしまうプログラムや、
企業や金融機関などからの発信を装ったメールを送り、
本物のサイトに酷似した偽サイトに誘導して、
そこでIDやパスワードを入力させて騙し取る
フィッシングといわれる詐欺方法などが有名ですが、
これらの他にも様々な手口が使われています。

どこからでもインターネットさえつながれば利用できるのが
インターネットバンキングの強みですが、
ネットカフェなどでの利用はかなりの危険を伴います。
利用しないほうが良いでしょう。
ネットカフェでは不特定多数の人が利用できます。
そんな環境ではスパイウエアが仕組まれたり、
ウイルスに感染したりしている可能性が大です。

インターネット上で取引するという特性上、
どうしてもネットバンキングのセキュリティは、
ネット犯罪者との「いたちごっこ」になってしまいます。

普段からあやしいファイルはクリックしない、
ウィルスセキュリティ対策ソフトを導入するなど、
ウイルスやスパイウエアに侵入されないよう、
個人的にも充分に注意を払うべきですね。