ネットバンキングの種類

インターネットバンキングサービスは
様々な金融機関から提供されていますが、
その形態は大きく分けて3つに分類できます。

【1つ目】・・・実店舗のある銀行のインターネットサービス
メガバンクや地方銀行、郵便局など、多数の銀行や金融機関が
インターネットでのバンキングサービスを提供しています。
実店舗型の銀行のメリットは、実店舗の口座を持っている利用者が、
オプションとしてインターネットバンキングを利用することができることです。
そのためネットバンキングのために口座を新しく開設するといった手間が省けます。
既にメインバンクとして利用している銀行があるとしても、
インターネットバンキングを利用するだけなのに、
手数料が安くなったり、振込みが簡単になるなど、良い点が多くなります。

【2つ目】・・・実店舗を持つ銀行のインターネット支店
この形態はあまり普及している方法ではないですね。
同じ銀行であっても、インターネット支店の方が、
金利が良いといった場合が多いようです。
取り入れられている金融機関は・・・
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、みなと銀行、スルガ銀行などです。。。

【3つ目】・・・最後にインターネット専業銀行です。
実店舗を持たないので、手数料や金利が
実店舗型の銀行・金融機関よりも優遇されている場合が多いようです。
しかしその反面、店舗がないので入出金は
提携した銀行やコンビニのATMを利用することになり、
余分に手数料がかかってしまう場合もあります。

結局のところ、どのインターネットバンキングサービスも一長一短です。
実際に利用する際には各金融機関のサービスの特色にあわせ、
利用の目的に沿って口座を変えるといった柔軟性を持つと良いでしょう。

最後は自分で決めるのです。