ネットバンクと実店舗型銀行の違い

ネットバンクと実店舗型の銀行・・・
インターネットバンキングの利用を考えると、
どちらがお得になるのか、やっぱり両者を比較してしまいますよね。

ネットバンクの利点はインターネットバンキングが専門であるため、
実店舗が必要なく、店舗運営の経費が抑えられることになり、
その分を金利や手数料という形で顧客に還元できることですね。

店舗型の銀行でネットバンキングを利用する時の利点となると、
既に口座を持っている銀行での利用がほとんどでしょうから、
新たに口座を開く必要がないことと、
残高によって会員優遇サービスなどを受けられることでしょう。

一般的に銀行の利用で一番気になるのは
手数料ではないでしょうか?
せっかくお金を預けたというのに、
振り込んだり、引き出したりと、お金を移動するだけで
なんだかんだと手数料を取られるというのは、
仕方ないかもしれないですが、やはり、できるだけ減らしたいものです。
以前はネットバンクと実店舗型の銀行で、
手数料を比較すると大きな差がありました。

しかし、インターネットバンキングの利用者が増えた昨今、
その差はそんなにありません。
実店舗型の銀行でも、振込手数料やATM利用手数料の
無料化という流れになってきていますね。

金利についても同様です。
以前は普通預金の金利がネットバンクと実店舗型の銀行で、
何十倍という差がついていたんですよ。

しかし、2006年ごろから大手銀行を中心に金利が上昇し始め、
現在ではそれほど大きな差はありません。

このように金利や手数料といった店を比較していくと、
両者にそれほどの差がなくなってきています。
だからこそ、ネット銀行だとか、実店舗だとかに
こだわる必要もないですよね。
自分のライフスタイルに合った銀行をネットバンクを
しっかり選びましょう!