メインバンクの選び方

メインバンクとは、給料の振込みや、
公共料金の引き落とし、ローンの引き落とし、
クレジットカードの決済など・・・、
日々の生活のお財布代わりとして、
お金の出し入れが多い口座を開設している銀行のことですね。

このメインバンクの選び方のポイントは
手数料、そして便利さではないでしょうか。
普段銀行で口座を作るときに気になる金利については、
メインバンクではあまり気する必要はないと思います。

定期預金など、多額の預金を一定期間預けるというのであれば
当然ながら金利が一番重要となりますよね。
しかし、出し入れの多いメインバンクにおいては、
わずかな金利差があったとしても、昨今の低金利の現状では、
振り込み手数料やATMの手数料が掛かってしまうと、
あっという間に優位さなど無くなってしまいます。

また、現在はインターネットバンキングが広まっていますので、
以前に比べ銀行の窓口に行く回数が少なくなっています。
そのためインターネットバンキングが利用できる銀行でしたら、
より安く、より多くのATMが使えて、なおかつ
公共料金などの引き落としができる銀行であれば、
たとえ近所にその銀行がなくても
メインバンクとして適当である
ということになるのではないでしょうか?

こういった銀行の情報について調べるには、
個々の銀行のサイトを見ても良いのですが、
ランキングサイトや比較サイトなどを利用してみると、
それぞれ他行との違いがわかりやすいですよ。

インターネットバンキングがこれだけ広まってきています。
従ってネット上にも銀行に関する情報が溢れています。

ランキングサイトや比較サイトでは、
各銀行の利点などについてまとめられているものも多くあり、
利用者の意見もいろいろと知ることができます。
ただ、ランキングサイトなどについては、
情報が古いということがありますので、
その可能性を踏まえて参考程度にし、
詳しい内容について、個々に調べる必要がありますよ。

利用する機会の多いメインバンク
だからこそ、きちんと調べて、より良い銀行を選びたいですね。