法人向けネットバンキング

個人事業主であっても、法人格となると、
どうしても扱う金額が多大になりがちです。
多少の維持費等はかかりますが、
より安心な環境でインターネットバンキングを利用するために、
法人向けのサービスを利用するのも一つの手だと思います。

自宅のパソコンを使って、
残高・出入金照会、口座振込、振替などが手軽にできる
インターネットバンキングは、
今まで個人向けがほとんどでした。
最近ではSOHOや個人事業主、また一般企業向けになど、
法人向けのサービスも各種提供され始めました。

法人向けのインターネットバンキングを説明すると、
個人向けのサービス+
 総合振込などのデータ転送、
 複数の口座を一括管理、
 外国為替取引、
 給料の振込・管理
などなど・・・

業務が合理化できたり、
経営・営業面へのサポートをする、
資金を調達するなど、
企業向けのサービスが増加しています。

しかし、良いことばかりではありません。
インターネットバンキングサービスが増えている一方で、
フィッシングやスパイウェアといった不正ソフトも増えてきています。
情報漏洩は致命的です。

法人向けのサービスに対してでも、
IDやパスワードを取得し、不正利用する方法ばかりでなく、
顧客を装ってスパイウェアソフトを送るなど、
手口が巧妙化しています。
やはり細心の注意が必要ですね。

その為、法人へのサービスにおいては、
個人向けのセキュリティ管理方法に加え、
電子証明書を用いた本人承認方法などが
適用されるようになってきています。

電子証明書を用いるやり方とは、
万が一、IDやパスワードが漏洩しても、
電子証明書が格納されたパソコンを
使用しない限りサービスが利用できなくなるものです。

こうなってくると少々不便になってきます。。。

パソコンさえあれば、
どこからでも・・・というのが
インターネットバンキングの利点でもありますが、
よりセキュリティ面での強化を望むのであれば、
こういったサービスを導入している銀行を選ぶのも
選択肢の一つですね。

しっかり検討しましょう。