自分でできるセキュリティ管理

インターネットバンキングはインターネットを利用します。
そうなるとやっぱり店舗のみの取引より、
セキュリティの問題などが気になりますよね。

だからこそネットバンクはセキュリティの面で
相当な力を入れており、安全性を確保しています。
ファイヤーウォールを導入したり、SSL128bit暗号化通信を採用したりと、
インターネットでの通信面での強化はもちろん、
銀行口座番号とログインのIDを別にしたり、
暗証番号を2重、3重に設けたり、ワンタイムパスワードを採用したりと、
利用者側からのアクセスにもわかりやすい対策が施されています。

ネットの通信面への対策については、
銀行側に任せるしかありません。
セキュリティの穴などにより損失が起きた場合は、
銀行側で保証できるよう、
口座開設時に自動で保険に加入してる場合もあるんです。

セキュリティの向上に利用者個人の意識向上は欠かせません。
つまりネットバンキングで危険から身を守るために、
最も必要なこととは自分自身の管理です。

いくら銀行がセキュリティを強化しても、
利用者から漏れていては意味がありません。

自分の口座を守るために一番重要なことはまず、
IDやパスワードの管理を厳重にすることです。
特にパスワードについては、
誕生日や電話番号など第三者に予想されやすいものを使うのは論外。
当然ながらメモなどに残さない、定期的に変更するなど、
基本的なことが大切です。

また、インターネットバンキングは、ネットを介しますので、
自身のパソコン(PC)のセキュリティも重要になってきます。

自分が普段使っているパソコンのウイルス対策ソフトが
パソコン購入時のままだった・・・などという状況では、
せっかくのセキュリティ対策も無意味になってしまいます。
ウイルス対策ソフトは常に更新するよう心掛けましょう。

他にも、フィッシング詐欺などから身を守るために、
・怪しいメールは絶対に開かない
・リンクがはってあっても安易にクリックしない
・SSLが使用されていないページでは個人情報を入力しない
・ソフトのダウンロードやインストール時は内容をよく確認する
など・・・・
ウイルス等への対策を充分に考えるようにしましょう。

一つ一つはそれほど大変なことではありません。
ちょっとしたことでインターネットバンキング
安心して利用できるようになるのです。

ネットバンキング利用者として
普段から心掛けておきたいものですよね。