住友信託銀行

住友信託銀行は住友グループの信託銀行です。
名前からわかりますよね。
信託銀行というのは一般の銀行業務に加えて、
信託業務を取り扱う金融機関のことですから、
住友信託銀行のインターネットバンキングである「住友信託ダイレクト」でも、
資産運用をメインとした内容になります。

手数料についてですが・・・
口座維持手数料は無料です。
振り込み手数料は現在(2007年7月)、
 同行あて・・・無料
 他行・郵貯あて
  (振込額3万円未満)・・・210円
  (振込額3万円以上)・・・420円
インターネット取引がメインとなる無通帳口座ですと、
 同行・他行あて・・・月5回まで無料
 郵貯あて
  (振込額3万円未満)・・・210円
  (振込額3万円以上)・・・420円
6回目以降の振込が郵貯と同額となっており、
かなり割安な設定となっているのではないでしょうか。

住友信託銀行のネットバンキングの最大の「売り」ですが、
「外貨革命」というものがあり、内容は以下の定期預金です。
・5種類の外国通貨
・1ヶ月~5年まで7種類の預け入れ期間
これらから運用スタンスに合った組み合わせが
選べる外貨定期預金となっています。
為替手数料も安く、金利もまあまあ高めなので、
資産運用の原則にかなった外貨預金だといえますね。

セキュリティについては128bitSSL暗号化プロトコルを使用。
本人確認は7桁の会員番号、パスワードや暗証番号、
そして10桁確認番号を組み合わせて、
何重にも確認をとる方法を採用しています。
かなり安心できますよね。

また、信託取引を希望する世代・年代は、
インターネットバンキングを普段から活用する世代・年代より、
若干ですが高めであるかと思います。
その辺りの対策として、専門のオペレータを用意し、
電話でインターネットバンキングサービスをサポートしています。

さらに、さすが信託銀行だけあって、
各資産に対する相談も24時間受け付けています。
自分にあった運用方法を見つけることができますね。