郵便貯金

なんと郵貯でもインターネットバンキングが利用できるんです。
皆さん、知ってました???

私は知りませんでした。。。

主なサービス内容は・・・
電信振替(口座間振替)、税金・各種料金の振込み、
残高照会、受入照会、取扱内容照会、
Pay-easyサービスの支払い、
web連動振替決済サービスなどがあります。

意外と多いんですよね。

電信振替(口座間振替)では、
郵便貯金口座ぱるるか郵便振替口座へ送金が可能です。
「ぱるる」の場合では、
送金内容を受取人へ郵便で通知し、通知手数料が100円かかります。

郵便振替口座への送金は、受入明細送付の選択や、
通信文の有無にかかわらず、受取人へ送金内容を通知。
この場合は通知手数料無料となります。

また、【居宅送金】といって、
ぱるる口座または郵便振替口座から、
受取人の自宅へ現金を送るサービスもあります。

インターネットバンキングの大きな利点の一つに、
振り込み手数料の安さがあります。
しかし、郵貯インターネットホームサービスでは
他の銀行等への振込みができません。。。残念。
インターネットバンキングとして、
サービス内容が充実しているとは
言いにくいのではないでしょうか。


郵貯のATMは稼動時間内であれば、
時間外手数料がかかりません。

また、他の銀行と多く提携してるなどの利点があります。
都市部以外では主となる金融機関が
郵便局というところもあるようですね。

手間はかかりますが、
他のインターネットバンキングを利用することで、
割安でお金を引き出すこともできるんです。

目的に合わせて利用するのは良いのではないでしょうか?
よく考える必要があるようです。。。