香港上海銀行(HSBC)

HSBCってよく見たり聞いたりしますよね。
そのHSBCとは
「The Hongkong and Shanghai Banking orporation Limited」
の略であって、日本では香港上海銀行と呼ばれている
香港で最大の銀行のことです。

HSBCグループの本社はイギリスにあり、
なんと世界80各国以上に展開しています。
地球上に9500ヶ所以上の拠点を持つ総合金融グループで、
自己資本率も高く、世界第2位の銀行となっています。

実は日本初の外資系銀行であり、
現在東京都中央区日本橋、大阪府堺筋本町に支店があるんですよ。

日本支店では銀行ではあるのですが、
一般の銀行業務は行っておらず、
業務の中心は投資銀行業務などです。
法人向けのサービスが主流なのですが、
外国為替・両替やプライベートバンキングなど
個人向けの商品も取り扱っているようです。

昨今のインターネットバンキングの普及により、
この銀行が最近話題となってきています。

以前は、香港上海銀行では法人向けのサービスが主流であったため、
個人としては各銀行のインターネットバンキングを利用しつつ、
HSBC外貨宅配サービスを利用するといった具合でした。

しかし、2006年8月よりHSBC
香港非住者向けの口座開設サポートをはじめました。
そのことにより、今までは香港の銀行窓口でしか行えなかった
口座開設がなんと郵送でできるようになりました。
口座を解説した後は、ネットバンキングを利用することによって、
口座の管理や香港株式への投資、投資信託、債券などといった
HSBCの各種サービスが利用できます。

日本では、個人向けのサービスをあまり行っていないので、
HSBCは世間では一般的ではありませんでした。
しかし、香港上海銀行は規模のとても大きな銀行で、
しかも特定の国に依存していないため、
破産の心配が非常に少ない銀行と言えます。

更に、香港がアジア最大のオフショア(軽課税地域)ということもあり、
外貨預金や国際投資によって利益を出しているような方には、
既に人気となっている銀行のようですね。

あなたもHSBCの口座を開設してみますか?